HOME > 協進交通の自慢 > 会社自慢 > 創業ストーリー

会社自慢

創業ストーリー

協進交通創業よりの足跡

旧社屋創業社長小池尚和は昭和40年代東京第一交通(株)勤務の時、個人タクシーを志していたが、東京第一交通(株)の当時の社長柴田龍冶氏、専務細田磯冶氏に進められ同僚3人でタクシー会社起業に動く。

場所として在住の鎌ケ谷市(申請当時は千葉県東葛飾郡鎌ケ谷町)を選択、当時の鎌ケ谷の人口は4万弱で東京のベットタウンとして注目をあびつつ有り、行政も市制を目指していた時期で起業のタイミングとしてはグッドで有った。鎌ケ谷には当時タクシー会社は3社有ったが1社は松戸寄り、1社は船橋に本社を置く会社の営業所で他に8両所有の1社、人口の割にはタクシー密度の低い地域だったが現実にはタクシーを利用する人も少ない時代で、その中3台で業務を開始。

現在の社屋開始当時は無線もなく駅構内権も取れず、ひたすら電話のみを待つ業態で、暇な時間には協進交通開業お知らせの看板を書き、町内のあちこちに立ててピーアール努力をしていた。 次第に口コミにより固定客も増加し、増車申請を出すも既存事業者の反対聴聞等により、増車もままならずお客様に迷惑を掛けることも多く、20分〜30分、雨が降ると1時間でもお待ち頂く様な状態が長く続いた。規制緩和を向かえた現在ではとても考えられない事だった。

その中で着実に業績を伸ばし、業界でも認められる存在になり今日に至った。平成15年11月創業社長である小池尚和が志半ばで急逝、昭和54年入社の創業社長の長男 小池満尚が社長に就任現在に至る。

沿革

昭和44年10月9日
一般乗用旅客自動車運送事業の経営を申請
昭和46年7月6日
東京陸運局より事業区域を千葉県東葛飾郡鎌ケ谷町とし、事業免許の交付を受ける。
資本金450万円 車両3台(車種トヨペットコロナ) 社員5名
昭和46年10月9日
事業開始
昭和47年 8月
2両増車(車種トヨペットコロナ)
昭和49年 9月
3両増車(車種トヨペットコロナ)
(49年、台替時に中型車クラウンを導入)
    
昭和50年
船橋市、市川市、習志野市、事業区域拡張
昭和52年
千葉市を含む千葉県A地区(千葉交通圏)に事業区域拡張
昭和53年 2月
2両増車(車種トヨタ、クラウン)
昭和55年11月
2両増車(車種トヨタ、クラウン)合計12両
昭和55年
千葉A地区(千葉交通圏)の他、野田市、流山市、関宿町(現柏市)、沼南町(現柏市)事業区域拡張
昭和57年 7月
2両増車 計14両
成田空港開業に伴うエアポートタクシー認可
平成 1年11月
ブルーライン・2両増車認可
平成 2年11月
ブルーライン・2両増車認可
平成 3年 8月
ブルーライン・2両増車認可
平成 6年12月
期間限定車両 4両増車認可
保持車両数24両
平成7年
鎌ケ谷市鎌ケ谷1−1−45番地から東初富1−11−8番地に本社を移転
平成 7年 6月1日
乗務員数 59名
平成 9年 8月
3両増車
平成15年
行政の事業区域見直しにより、東葛交通圏及び千葉交通圏、(白井市を除く)北総交通権の廃止
新たに京葉交通圏、北総交通圏の白井市に事業区域を変更
平成15年10月
3両増車・保持車両数30両
平成15年11月15日
小池尚和逝去
平成15年11月
専務取締役 小池満尚社長就任
平成16年
2両増車・保持車両数32両
平成20年 2月1日
夜間対応型訪問介護事業サービス開始
平成20年 4月
1両(ユニバーサル車両)増車
保持車両数33両
平成23年 2月
ユニバーサル車両の代替えとして、福祉限定車両を導入
平成24年 8月現在
サービス係 62名
管理職を含む事務職12名
車両写真

従業員(平成18年6月15日現在)

事務職8人(オペレーターを含む)役員4名
乗務員62名
介護福祉士・1名
ホームヘルパー2級所持・45名
管理職を含む事務職
介護福祉士・1名
ホームヘルパー1級所持・2名
ホームヘルパー2級所持・3名

ページのトップへ

 

∫乗務員を募集しています
∫協進交通レター